【玉名小岱作】
鍛冶職人 白木健一氏による貴重な一品。
本鍛錬の技術を生かした、剃刀のような切れ味が特徴です。やや大きめの9寸となっています。
生産地:堺
ブランド:玉名小岱作
形式:身卸出刃/本霞
構造:片刃/右用
サイズ:280mm(9寸)
鋼材:白2鋼
鏡面:なし
柄の仕様:朴八角柄
鞘の有無:なし
使用上の注意:本職用、要本刃付け。
冷凍製品や硬い骨を切断、打撃、加圧すると刃が欠けたり壊れたりすることがあります。

包丁鍛冶師 白木健一氏プロフィール(昭和22年生まれ)
18歳より堺打ち刃物の鍛冶職人として修業に入る。20歳代で独立し、自分の工場を持ち、伝統的な本鍛錬の白綱・青鋼包丁、墨流し、本焼き包丁の技術を習得する。
新たな試みにも着手し、錆びない打刃物の研究開発にもいち早く取り組み、硬度が高く、よく切れる包丁を完成させた。
現在、堺刃物鍛冶師の職人の中でも、もっとも際立った存在である。

※こちらの商品は展示室での対面販売となります。購入ご検討の方は、お問合せください。

 
✉️ お問い合わせはこちら >
 
📞 お電話でのお問い合わせはこちら > 090-1734-4282